コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、ネットワーク、イベント、起業就業、地域資源、産業

お問い合わせ
リンクサイトマップ

会員からの情報

2012年08月20日

【会員情報】社会起業大学オープンセミナーのお知らせ

社会起業大学からのお知らせです。

--------------------

32回目を迎えます、8月のオープンセミナーのお誘いです。
ご興味のある方は奮ってご参加下さい!

家事代行や育児サービスの草分け的存在として、TV番組「カンブリア宮殿」でサービスを紹介されるなど、右肩上がりの人気と成長を誇る株式会社ベアーズ。

「がんばる女性を応援したい」

この思いから1999年に誕生し、「働く女性」が安心して頼めるメイドサービスの提供を目指して、従来は日本に無かった「家事代行業」という新しい産業を創出しました。

そして、「ギフトチケット」としての販売や、金額や目的で選択できるプランの設置、また、社員向けの福利厚生などに採用する企業も増え、家事代行サービスは日本社会に定着しつつあります。これまでにない、新しい産業を立ち上げたベアーズの専務取締役 高橋ゆき氏をお招きし、起業に至るまでの想いや、社会性と経済性を両立させる会社経営について講演いただきます。


■日時:8月25日(土) 13時〜17時(社会起業大学にて)

■定員:40名

■料金:3,000円

■場所:東京都千代田区二番町2番平田ビル1階(有楽町線麹町駅より徒歩2分)


【詳細・お申込みはこちら】

http://www.socialvalue.jp/seminar/detail000576.html
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 11:34| Comment(0) | 東京都

2012年08月03日

【会員情報】「生命地域再生コーディネイターコース」のお知らせ

NPO法人 エコ・コミュニケーションセンター(ECOM)からのお知らせです。

-----------------------------------------------

「×」になりませんか!?
まち × むら=持続可能な社会

「半農半X」「1×2×3=6次産業」などと言われているように、生きがいのある社会にしていくためには、「×」が必要です。
あなたもその「×」になりませんか!?
方法は簡単!(やりきるのは大変!)です。
「×」になるには、ECOMの6ヶ月間の「生命地域再生コーディネイターコース」を受講するだけ。
具体的には、まちやむらでの現場OJT(現場の人々との交流・ふれあい)と他人との関係性の築き方、仕事をうみだすためのスキルを身につける座学を受ければいいのです。
必要書類を提出してください。面接してどんなことをやりたいのをクリアにしていきましょう。
さあ、応募してみませんか。

「生命地域再生コーディネイターコース」第V期 
2012年9月〜2013年2月まで 全18回開催!

9/23(日)
・オリエンテーション「雑木林復活プロジェクトについて」
・林の手入れ活動
・高島平コミュニティの現状と課題
・七輪防災コミュニティづくり
9/25(火)夜
「農山漁村資源を活用したツーリズム」
10/9(火)夜
「地域が主体的に意図をもった集客を」
10/20(土)〜10/21(日)
コーディネイターの役割と基本スキル「ファシリテーション」
房総ツーリズム@(豊島)
10/28(日)
「地域コミュニティと市民活動」
11/5(月)
「地域資源を棚卸して地域の宝を発掘」
11/17(土)〜11/8(日)
コーディネイターの役割と基本スキル「コーディネイション」
熱海温博(塩谷)
11/25(日)
林の手入れ活動
高島平のコミュニティサロン
12/3(月)夜
「会話から新たな価値を生み出す手法」
12/8(土)〜12/9(日)
「ビジョン・ミッションをつくる」
西原(塩島)
12/22(土)
「多世代の生きがいづくりコーディネート(フィールドワーク)」
1/7(月)夜
「他者理解を深める自分流のススメ」
1/13(日)
「多世代の生きがいづくりコーディネート(プランニング)」
1/26(土)〜27(日)
都市農山漁村交流のプランニング
週末農風(伊藤)
2/4(月)夜
「事故発生時の対処法と安全対策」
2/9(土)〜10(日)
コーディネイトのツボと落とし穴
房総ツーリズムA(豊島)
2/24(日)午前 
林の手入れ活動
高島平での活動のまとめ


◆講師
【コーディネイターの役割・スキル担当】 
森 良 (もり りょう ・ NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)
学びと参加をつなぐコーディネイター。
NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表。
「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD−J)
理事(地域ネットワークプロジェクトリーダー)。
子どもたちの自然教室のボランティアリーダーを10年、
環境教育・環境まちづくり・市民参加を応援するNPO活動を
20年実践してきた。これからは日本とアジア地域での
コーディネイター育成に力を注ぐ。<連絡先> ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp

【ツーリズム・マーケティング担当】 桂 政彦 (かつら まさひこ)
大学卒業後、海外旅行専門企業に入社、コディアック島
テント生活でサーモンフィッシングツアーや、西海岸から
コロラド州までのネイチャーツアーを企画。
その後、外資系IT企業に転職。製品企画、新規事業企画を経て、
カスタマーリレーションシップマネージメント分野の
ソリューション開発推進を担当。営業系社内情報共有システムを
企画提案し、プロジェクト・リーダーとしてナレッジ・ツールの
構築運用に携わる。定年退職後、自らの体技心のバランスを取るため、
自然とエコへの関心が高まる。四季折々の自然に癒される中で、
自然と人間・地域のつながりを主軸とした価値創造に関与
していきたいとの想いが強くなり、現在に至る。

【高島平雑木林復活プロジェクト担当】 
木村 松夫(きむら まつお ・ コミュニティアシスト無有歩(move)代表)
NPO法人でんでん子ども応援隊運営サポーター、
いたばし環境ボランティアみどりの手事務局長、
写真集「あの丘に登れば」「母は恋人」など

【高島平コミュニティプロジェクト担当】 
堀口 吉四孝(ほりぐち よしたか ・ 高島平総研代表)
高島平小地域ネットワーク代表、高島平の熱血オヤジ。


◆参加費  入学金 12,000円 (学生6,000円)のみ      
※ この事業は地球環境基金の助成を受けています

◆説明会  日時:8月23日(木)19:00〜21:00
場所:がんばれ!子供村 3F プレイルーム
東京都豊島区雑司ヶ谷3-12-9
http://www.kodomomura.com/access.html

◆応募方法 9月10日(月)までにメール、FAX、郵送等で以下の書類を提出してください。
      @応募動機(400字以内) A履歴書

◆選 考 【一次】書類選考        
     【二次】面接
     【決定通知】
     すべてメール・電話等で連絡します。
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 10:43| Comment(0) | 東京都

2012年03月21日

【会員情報】地域資源活用イノベーション創出助成金《2012年4月2日(月)説明会開催》

NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターです。

東京都内で地域資源を活用したビジネス、または
地域課題を解決するビジネスを始めたい方へ東京都助成金のご案内です。
当会が応募までお手伝いをいたしますので、
関心のある方はぜひ説明会へお越しください。

==================================================================
★東京の都市課題解決/地域資源活用ビジネスに上限800万円を助成★

平成24年度第1回 東京都地域中小企業応援ファンド
『地域資源活用イノベーション創出助成金』のご案内

説明会4月2日(月)/ 個別相談会も実施中
==================================================================

東京都地域中小企業応援ファンドによる『地域資源活用イノベーション
創出助成金』は、今年5年目を迎えます。
これまで当会の支援で助成決定者を多数輩出することができました。

平成24年度第1回(申請締め切り5/11)の助成金の説明会と
個別相談会を以下の日程で実施いたします。ご興味のある方、ぜひ
お申込ください。
当会が応募までお手伝いいたします。

*都内に主たる事業所を持ち、事業を営んでいる(または予定)方が
東京都内で展開するビジネスが対象となりますので、ご注意ください。

----------------------------------------------------

◎日程
■説明会 2012年4月2日(月) 10:30-11:30

□会場 千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア5階会議室
(会場地図→ http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

□内容
・制度説明
・助成金申請のポイント(当会所属地域応援ナビゲータ)
・質疑応答

□詳細、申し込み 専用サイト⇒ http://cb-s.net/?p=2787

■個別相談会 随時開催 ※4月2日説明会終了後の対応可能

□詳細、申し込み ⇒ http://cb-s.net/?p=2787


◎参加費 無料

◎地域資源活用イノベーション創出助成金事業の詳細はこちらをご覧ください。
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/index.html

-------------------------------------------------------------
【問い合わせ先】
特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター
Email tokyofund@cb-s.net
-------------------------------------------------------------
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 10:38| Comment(0) | 東京都

2012年03月19日

【会員情報】「北口こども商店」武蔵小金井駅北口

NPO法人カッセKOGANEIからのお知らせです。

武蔵小金井駅北口、11の商店で小学生のこどもたちがいろいろな店の手伝いを行います。
「北口こども商店」は、地域や商店街のことを知り、顔見知りになり、さら防犯
や防災など万一の際の一助にもつなげていく取り組みです。

○日時:3/24(土)13時〜16時30分(雨天実施)
○場所:のぼり、ポスター掲示のある小金井市商業振興会加盟店

クラウンベーカリー(パン店)・魚屋の台所(居酒屋)・セブンイレブン(本町
2丁目店)
アリス(不動産)・宮地楽器(楽器店)・ファミリーマート(中川小金井北店)
ハミングバード(美容室)・デニーズ(小金井本町店)・マルグリット(ケーキ屋)
セブンイレブン(ムサシ小金井北口店)・パティスリーメリクリ(ケーキ屋)

ミドリのTシャツを着たこどもたちが手伝います。
ぜひ見に来てください。
お待ちしています!

○主催:小金井市商業振興会
○協力:NPO法人 カッセKOGANEI
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 06:26| Comment(0) | 東京都

2012年03月14日

【会員情報】多摩コミュニティビジネスフォーラム2012

多摩CBネットワークからのお知らせです。
===================
まちを創るのは
あなたのチカラ・CBのチカラ

2012年3月17日(土)会場/国立大学法人 一橋大学
多摩コミュニティビジネスフォーラム2012
多摩コミュニティビジネスシンポジウム2012
まちを元気にするプロデュース力を学ぶV
===================

多摩地域でも盛り上がり定着しはじめたコミュニティビジネス。
フォーラムのメイン、「シンポジウム」では、先進の事例や、
多摩各地の取り組みからコミュニティビジネスでまちを元気に
するプロデュース力を学びましょう。

日 時:2012年3月17日(土)午後13時〜18時 (交流会〜19時30分)
会 場:国立大学法人一橋大学 東2号館2201教室(東京都国立市中2-1)
対象者:多摩地域のCBに関心のある学生・市民の方、多摩地域の
CB支援に関わる各ステークホルダー(行政、大学、金融機関、NPO、
企業、経済団体)など
定 員:300名
参加費:1,000円・学生500円(交流会参加費:2,000円)※当日会場にて
頂戴いたします。
申 込: https://pro.form-mailer.jp/fms/2aa6b81314672
終了後/交流会時間:18時30分〜19時30分
参加費:2,000円
場 所:一橋大学生協

プログラム

基調講演@「21世紀型社会とは? 〜豊かな社会と地域を支える
コミュニティビジネスの役割〜」 講師/竹井善昭氏(株式会社ソーシャル
プランニング 代表取締役)

竹井善昭氏(株式会社ソーシャルプランニング 代表取締役)

1957年和歌山県生まれ。大学時代から広告・マーケティング・プランナ
ー、メディア・プロデューサーとして商品開発、業態開発、テレビ番組や
雑誌のプロデュースを手がける。現在は「社会貢献」に特化し、ソーシ
ャル・ビジネスやCSRのプロデュース、コンサルティングを行う。東日本
大震災後に復興支援団体「東北ライジング」を立ち上げ活動。ダイヤモ
ンド・オンラインにて「『社会貢献』を買う人たち」連載中。著書に「社会
貢献でメシを食う」(ダイヤモンド社/著:竹井善昭、監修:米倉誠一郎)。

「元気な地域を創造 〜自治会とNPOの連携によるいきいきとしたコミュ
ニティづくり〜」 講師/毛塚宏氏(NP0法人グリーンオフィスさやま/
愛称「NPOじおす」代表)

毛塚 宏氏(NP0法人グリーンオフィスさやま/愛称「NPOじおす」代表)

1944年富山県生まれ。1967年東京農業大学造園学科卒、1969年
株式会社ラック計画研究所入社。1990〜1999年同社代表取締役。
2003年に “安心して楽しく住み続けられる街・コミュニティづくり”を
めざしNPO法人グリーンオフィスさやまを立ち上げる。現在は、同法人
代表理事を務める傍ら、財団法人運輸政策研究機構運輸政策研究所
招聘研究員、法政大学及び作新学院大学非常勤講師、NPO匠リニュ
ーアル技術支援協会代表理事、NPOさやま環境市民ネットワーク
副代表理事、新狭山ハイツ中期修繕委員会委員長などを兼任。

多摩各地の取り組みリレープレゼン 12月〜2月にかけて多摩地
域各地で行われる分科会の報告もあります。

同時開催/「多摩のCB活動PRコーナー」会場にパンフレット設置
場所をご用意します。アナタのまちのCBのチラシを当日ご持参
ください!
主催/多摩CBネットワーク

お申し込みは下記URLで受け付けてます。

https://pro.form-mailer.jp/fms/2aa6b81314672
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 13:33| Comment(0) | 東京都

2012年02月21日

【会員情報】非営利・公共経営研究フォーラム2012

(株)公共経営・社会戦略研究所からのお知らせです。

明治大学経営学部公開講座:非営利・公共経営研究フォーラム2012
「多様な主体の連携による被災地復興の可能性」 開催のご案内


2011年3月11日に宮城沖で発生した東日本大震災は巨大津波と原発災害を伴って、甚大な「複合災害」を東北・北関東を中心に及ぼし、被害はきわめて広域に及んでいます。
現在、復旧・復興の過程にありますが、産業・生活基盤再建の展望は十分見出せず、自治体によっては職員や施設自体も被災したことで、自治体が復旧・復興の機能を十分発揮できないことが事態をさらに深刻化させています。
地震・津波の犠牲とならなかった住民も、コミュニティから切り離された仮設住宅等での生活で不安な日々を送り、孤独死などの「復興災害」(復興過程における二次的災害)も懸念されています。

この戦後最悪といえる困難な局面を踏まえ、明治大学経営学部と非営利・公共経営研究所は、被災地復興のための社会システムづくりについて、「官」「民」、「支援する」「支援される」という関係性を超えて、「多様な主体の連携による復興」という視点から展望することを目的として「非営利・公共経営研究フォーラム2012」を開催します。

フォーラムでは、住民の1割近くが犠牲となった宮城県女川町の町長に昨年11月に就任された須田善明氏(明治大学経営学部出身)をはじめ、自治体等と連携し被災地の子供たちの教育支援に取り組むNPOカタリバ、地元のNPOや日本マイクロソフト株式会社と連携して就労支援に取り組む「育て上げ」ネット、石巻に拠点を置いてコミュニティと生業(漁業)の復興のために活動する国際協力NGOのジェン(JEN)など、NPO関係者をお呼びし、状況報告と復興に向けた問題提起を行っていただく予定です。

皆様のご参加をお待ちしております。



■日時:2012年3月3日(土) 12:30-17:40(12:00受付開始)

■会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー 1階 1011教室
    http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
*JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」から徒歩3分、
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」から徒歩5分、都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」から徒歩5分


■プログラム

12:30-12:40 開会のご挨拶

12:40-13:40 第1部 基調講演

「ふるさと新生へ 女川町復興に向けた若き町長の挑戦」(仮題)
  須田善明 氏  宮城県 女川町長

14:00-16:00 第2部 「震災復興に向けた多様な主体の連携と社会起業の可能性」

・被災地の子どもたちの教育支援―NPOカタリバと自治体等との連携によるコラボスクール(女川町)の実践(仮題)
  今村久美 氏  NPO法人 NPOカタリバ 代表理事
  http://www.katariba.net/

・NPOと日本マイクロソフト株式会社との連携による被災地・就労支援―「東北アッ
ププロジェクト」の実践(仮題)
  工藤 啓 氏  NPO法人「育て上げ」ネット 理事長/明治大学経営学部 特別招聘教授
  http://www.sodateage.net/

16:20-17:40 第3部 学生プロデュース NPOフェスティバル

「被災地復興におけるNPOの役割と課題―石巻調査等の成果を踏まえて」(仮題)
  明治大学経営学部学生有志12名

 [コメンテーター]
  森 信之 氏  NPO法人 ジェン(JEN) 東北事業統括責任者
  http://www.jen-npo.org/


18:00-20:00 懇親会
  会場:アカデミーコモン 1階 カフェ・パンセ
  ※フォーラム会場の「リバティタワー」とは別棟の建物ですのでご注意ください。


■参加費: 無料
 ※ただし、フォーラム終了後の「懇親会」は会費制とさせていただきます。
  懇親会にご参加のかたは、会費(一般 3,000円/学生 1,000円)を当日現金にて申し受けます。


■定員:200名
 ※定員に達したあとのお申込みは、資料や座席のご用意ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。



「明治大学経営学部公開講座:非営利・公共経営研究フォーラム2012」に参加をご希望のかたは、事前に参加お申し込みをお願いします。

■参加申込み・お問合せ先
 参加をご希望のかたは、氏名・所属・連絡先(メールアドレスまたはFAX番号)、 懇親会への参加を希望される場合はその旨を明記の上、2月29日(水)までに、 電子メールまたはファックスで下記(株)公共経営・社会戦略研究所(公社研)宛てにお申し込みください。
  Email: info@pmssi.co.jp FAX: 03(3296)1151


■主催:明治大学経営学部

■協力:明治大学特定課題研究ユニット非営利・公共経営研究所
    http://www.kisc.meiji.ac.jp/~inpms/index.html

    株式会社公共経営・社会戦略研究所(公社研)
    http://www1a.biglobe.ne.jp/pmssi/
    (公社研HPからも参加のお申込みができます)

--------------------------------------------
(株)公共経営・社会戦略研究所(公社研)事務局

E-mail: info@pmssi.co.jp
Phone & Facsimile: 03-3296-1151
東京都千代田区神田駿河台1-1
 アカデミーコモン7F ラボ1A
〒101-8301
http://www1a.biglobe.ne.jp/pmssi/
posted by 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 at 11:41| Comment(0) | 東京都

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
事務局:特定非営利活動法人 コミュニティビジネスサポートセンター
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエアA205 TEL:03-5259-8091 FAX:03-5259-8092  E-mail:kanto-kcb@k-cb.net

Copyright(C) Community Business Promotion Council of Greater Kanto All Rights Reserved.